タグ:PS4

プレステとか大好きよ!!
多分そこら辺のゲーム機は全部買ってきて、ソフトも買って毎日遊んでいたわ。
(そのためにお子達の生活サイクルは整ってきたわよ。
だってあいつらが遅くまで起きてたら遊べないじゃない。朝早起きさせて、夜は早寝!!)




何台ゲーム機買ったかしら。
ポータブルも含めて。




数えきれないわ!!
SEGA以外のゲーム機はほとんど買ったわ!!
スマホのゲームなんてどれだけはまってやった事か。
(オットに内緒で課金して怒られる事件が勃発するほどよ。。)




でも、最近、更年期だからかしら。
何だか、興味が無くなっちゃったのよね。




てか、ゲームを真剣にやっていることになんだか飽きちゃったの。
このゲームで全国一位になって、私なんなんだろうって思ってしまったのよね。
確かに達成感はあるけれども、
全国一位だから何なのだろうって。(これはスマホゲームの話ね。Eスポーツとは全然違うわよ。)




昔はFFとか全世界めぐりまくって全てのモンスターを倒して、全員LV100、いやむしろ限界点突破!!とかまで毎日やりこんでいたのだけれど(睡眠時間を削ってまで)



それで何なのだろう。



って思い始めてしまった時点で、もうゲーマーじゃないわね。


お母さんから一言29



多分、もうやりつくしたっていう満足感もあるんだと思うわ。
えぇ、やりつくしたわ。自己満足としてって話よ?
他の人がどれだけやっているのかはさっぱり知らないわ。





ただ、スマホのゲームと違って、ソフトって本当にものすごく作りこまれているのよ。
FFなんて最後までやったら泣くわよ??
泣きながら敵を倒してハッピーエンドよ?
素晴らしいのよ。だからその世界は素晴らしいと思うわ!





お子達も普通にゲームをしているけれど
なんでしょうかしら、
スマホのあんなにはまっていたゲームも全部データ削除を自分からしてたわよ。
理由を聞いたら



時間の無駄。やりたいこと他にあるもん。




って言われたので、それは個人の価値観ね。
むしろ子供の頃にはまってよかったのかもしれないわ。




今までたまりにたまっていたゲーム機は、今はDS1台とPS4だけよ。
後は欲しいっていう人にあげちゃったわ。
PS4に至っては、すでに録画とアマゾンプライムとかでしか使っていないわね。
ものすごく便利よ。




ゲーム、あんなに楽しかったのになーって思うわ。
楽しめなくなっちゃった自分が少し寂しいわね。
これも更年期だからかしら。




あ、でもあれだけはやっているわよ。キャンディクラッシュ。
何せ負けず嫌いなもので、今は3060まで行ってるわ!!そこら辺はぬかりないわよ。
暇つぶしにちょうどいいのよ。





※どれだけ一本のゲームをやりこんでいたかというと、全てのアイテムを取り全てのボスを倒し、全てのエピソードを見るために
初回120時間。2周目、200時間。
これだけやったらゲーム会社の人も喜んでいただけたかしら。
おほほほほほ。
今はその気力がないのよね。
キングダムハーツ売ろうかな~。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

毒親はとにかく新しいものを非常に嫌う人で、幼少期は全くゲームには触れていなかったの。


欲しいって言ったら、一日中家の中の雰囲気が悪くなるのが分かっていたから
ゲームとは縁遠い日々を送っていたわ。




22歳くらいかな?一人暮らしを始めた時に、テレビをみていたら
FF8の宣伝が流れたのよ。
元々、アニメが大好きでコスプレ大好きだったからものすごく心が震えたのよね。
渋谷で働いていたので、昼休みに初代PSとFF8を速攻で買いに行ったの。
駅前のビックカメラに。



起動したときのあのワクワク感!!
とんでもなくドキドキする感じ!



あ!ゲームってものすごく楽しい!!



って思って職場で興奮気味に話していたら、新入社員だけど役職は高い大人の男の人が



「ゲームってね
グラフィックはねもう当然のようにきれいなんだけれど
FFやドラクエって
お話も何もかもすごいんだよ。ものすごく沢山の大人がいかに楽しませようか、うんと考えてやっと一つのゲームを作るんだよ。全部何から何まですごいんだよ。」



って。
その大人の人は元ゲーム会社で働いていた人だったのよね。



それを聞いた時に、あぁ、そうか、世の中で働いている人は全員誰かの為に働いているのねって思ったの。



その大人は
「映画がつまらないって思った事は無いなぁ。だって一つの映画を作るために、沢山の人が汗ながして作ってるんでしょう?
自分にとって面白くないとは思っても、作っている人たちの情熱があるって思ったら
その情熱に感謝するな。」


目からうろこだったわ。


若い頃にこう言った事をきちんと教えてくれた大人が居て良かったわ。



きれいごとかもしれないけれど、こういった事を
面と向かって教えてくれる大人ってそんなに居ないのよ。
会社内で色々あった時も、必ず人の目を見てきちんと話してくれる大人だったわ。



元気かな。


お子達が何かを見ていてつまらないって言った時は、その人が言った言葉通りに
「これを作るために何人の人が汗水たらして作ってると思うの!
つまらないって思う事は自由だけど、口に出さないで心の中にしまってチャンネル変えなさい!」
って言う私が居るわ。


ものすごく、きちんとした大人だったな。


あら、私、案外大人運は20代になってから良かったかもしれないわ。
10代の頃は最低な人しか見ていなかったけれど。
まぁ私が最低だったっていうのも否めないわね。


お母さんから一言35






その会社とはいまいちウマが合わなくて辞めてしまったんだけれど。


多感な時期にいい大人と出会うって本当に大事な事だと思うのよ。


働いていることは世の中に貢献しているという事、
何かを作り出す時にクソみたいなものをわざわざ作り出す人はそんなに居ないことを教えてくれた人だったわ。




なので、今日、PS4をぽちったわ!
明日はキングダムハーツ3を買いに行くわよ!


くううううううう!!楽しみ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
主婦ランキング

私は全く宝石やら洋服やらブランド物に興味がありません。
というのは半ば嘘で、若い頃にものすごくブランド物や自分の見た目ににこだわっていて痛い目を見ているので、さすがに44歳になるともうどうでもいいのです。ブランド物とか。


長く使えればいいの。


履いているスニーカーは全部オットのお下がり。
服もオットのお下がり。
股引もオットのお下がり。



若い頃に本当にお金をお洋服やらに使ったのよ。あの頃の自分にムチをくれたいわ。
お前がその時に貯金をしていれば!!!!!!



その前にスマホのゲームに10万課金した自分に鉄槌を食らわせたい。


なので、なるべく自分の趣味にはお金をかけないようにはしているわ。
(タバコとお酒以外)


その私がものすごく欲しいものがあるわ。
PS4とキングダムハーツよ。。。


好きなのよ!!野村哲也さんのキャラクターが!!!!!!!
どうしようもないのよ!!
こんなことここでしか言えないし、しかも多分ガチのKHファンに言ったらお前ニワカ~とか言われそうだからそれも腹立たしいし、ゲームやっていないお友達に言っても理解してもらえないのは分かってるわ!
キングダムハーツの為に何台、ゲーム機買ったと思ってるのよ!!
FFも含めて20万以上は使ってるわよ!(フィギュアとかも含めてね)


今日発売日だったのよね。
キングダムハーツ3。



うんうん。ニート主婦だし、我慢しなきゃいけないわよね。
お子達にもお金がかかる。



うんうん。そうそう。忘れちゃえばいいのよ。


液タブだって我慢していまだに10年前の竹使ってるし、そうよ我慢したらいいのよ!


お子達が欲しいものがある時、「それは本当に必要?」って聞いてえらい母親ぶってるじゃない。
そうよ、本当に必要なのか分からないものは買わなくていいのよ。




ついにお子達の前で、お母さん(私)がいかにPS4が欲しいか
いかにキングダムハーツがやりたいか、13年スピンオフで我慢してきたかを切々と話したら
「泣くほど欲しいなら、パパに言いなよ」
って言われて、勇気を出して言ったわ。嘘よ、LINEで送ったわ。



「PS4とキングダムハーツがが欲しい。後できたらキムタクの如くも欲しい」
「ダイヤモンドよりも鍋よりも土地よりも、PS4とキングダムハーツが欲しい」
「でもついでにタバコとビールも買ってきて」






「いいよ」


って言われたわ。


ひゃっほーーーーーう!!!!!
よっしゃぁあああああぁぁあぁぁぁぁぁぁあ!!!!!




お母さんから一言42




PS4はなるたけ安い所探して、キングダムハーツは先に買うんだ!!
設定が面倒なのよね。PSって。PS3から引き継ぐのってちょっと面倒だけれど頑張るわ!



買ったらブログで報告するわね♪


何でこんなにゲーム好きになったのかは、長くなるから後でまた書くわ。
それはある人との出会いなのよ。15年前くらいに会った人なんだけれど。


スマホのゲームはもうしないかなぁ。。。。。。。


終わりがないゲームは、私には向いていないかもって思ったわ。



オットが私の趣味に寛大で良かったとは思うけれど
まぁそれなりに私もオットの趣味にはそれなりに寛大よ。スニーカーとか車とか。。



ワクワクしちゃうわ!!!!!!!



ニートだから一日中やっちゃうかも。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
主婦ランキング

↑このページのトップヘ