タグ:毒母

私の実母(毒親)は




ものすごい健康オタクですのよ。




私が幼いころから、様々な健康法を取り入れて
いかに自分が長生きするかを研究している(たんに商法の受け売り)をしている人なのだけれど




もちろんお酒もタバコもやらないわ。
キヨーレオピンを毎日飲んで、にんにく食べて
お米は玄米。
朝はグラノーラに色んな粉をふりかけてヨーグルトと一緒にお召し上がりになっていましたわよ。
その他にも色々薦めてきたわね。
彼女は昔から自分が正義なので、自分が正しいと思った事は
一番言う事を聞きそうな(実は一番聞かない)私に言ってくるのよ。
タバコを吸ったら全員死ぬんですって。
嫌ぁねぇ、人間は生まれた時から死ぬって決まっているのに。
面白い事を言う母親だなって思って聞き流しているわよ




そんなに健康なのにお友達が全く居ないの。
人が嫌いなんですって。
私から見ると仲のいいお友達って思っていても、その人の悪口しか言わないわよ。
その悪口を言う才能が欲しいわ。




孫もそんなに好きじゃないわね。私に子供が出来た時におろせって言うような人だもの。
お子弐に会いに来たのなんて生後1年経ってからよ。
髪の生え方が気に食わなかったみたいで
「金正日」
って呼んでたわ。面白いわね。よく思いつくと思うわ。
そんなの健康なのに、孫の顔すら見たくなくて、自分の歯医者にせっせと通っていたわ。






そしてね、毒父が亡くなった後、故郷も毒父の実家も毒姉も行方不明兄も
誰も引き取らなかったから、
優しい私はこちらの地元に呼んだけれど




「あなたたちの為に、私は長生きするから」




って言われた時




いえ、結構です!!
本当にもう勘弁してください!!



としか思わなかったわ。




一体この人は何が楽しくて生きてきたのかしら。



お友達も居ない、家族からは見放されてる
そんな状態でも
どうしてもどうしても
「お金」と「健康」が欲しいわけはどうして??(お金の話はまた書くわね。不愉快な話よ。)




あなた何のためにそんなに健康が大事なの??
おこころの健康は大丈夫??




なのでオットに頼んで施設入所についても話したけれど
「集団行動は無理です」
って言いやがったわ。




零号さん大変ねぇと思うかもしれないけれども
わたくし
この人に関しては本当に




無関心。ですのよ。



頼まれたことはやるけれどもね。




この人何の為にこんなに健康にこだわるのかしら。
って幼いころから思っていたわ。
全く楽しそうに生活をしていなくて常に人と張り合って、そのくせお友達も居なくて。
毒母が家にお友達を呼んで楽しそうに話している事なんて見たことないわ。






何のためにそんなに健康でいたいのかしら。





生きている間中、不幸な顔をして周りの他人を不幸にしている癖に
健康で長生きをしたいと。




周りが不幸になるからやめて頂戴!!





本当に不思議。
何が楽しくて生きているのかしら。
孫の面倒をみるのも嫌、同い年くらいの方たちとお話をするのも嫌。
集団生活も嫌だし、他人と関わるのも嫌。
でも他人の悪口は言いたいから、電話をしまくってくる(着信拒否にしたわよ。)。
そうなると寂しくなるから、孫に電話をして
今日行った歯医者さんの悪口を言う。





そうか!!悪口を言う為に健康でいたいのか!!!
なるほど!!書いていてスッキリしたわ!!!!!





クソみてぇ。



お母さんから一言30



としか思わないわね。



無邪気に子どもを頼って、自分のやりたいことしかやらなくて
っていう人じゃないのよね~。
(お義母さんはどちらかというとそのタイプ。無邪気すぎて本当に困る。)





毒母には、同居させてって言われたけれど
即答で断ったわ。



「無理」




あの人どうするのかしら。
自分の旦那(つまり私の父)の本家の墓に入ることも夫婦ともに拒否されて
子供にも拒否されて生きてて楽しいのかしら。



ま!関係ないけれどもね!
葬式だけは出さないといけないから面倒くさいわ。



これだけ読むと相当嫌な娘って思うかもしれないわね。




ふふふふふふふ。
もしご実家問題で悩んでいる方がいらしたら、
これくらい吹っ切れて考えられると楽かもしれないわ。
でもその前に散々、やられているのよね皆様。
お気持ち分かるわ。




電話とか着信拒否にしちゃうといいわよ。
うちなんて、そうすると自宅に押しかけてきてピンポン攻撃とか、ベランダのドアをガンガン叩くとかドアをガチャガチャするとかやりやがるわよ。
それを不審に思った近所の通りがかりのおばさんに怒られてたわよ。



もう本当に体は健康!!!!



ま、そこまでして私に会ったところで言うのは他人の悪口。
すごいわーあの人。
他人と全く関わっていないくせに、どこからその悪口のネタを考え付くのかしら。
ある意味頭がいいのかしら?



でもね、オットやお友達の話を聞いていると
悪口を言ったり悪態をついている人って長生きするみたいよ。



面倒くせぇ~!!!







にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

松居一代のブログって怖いもの見たさでついつい見ちゃうのよ。
面白いわよ。何言ってるの?あなた。60過ぎてご自分の事「あたし」って言ってる時点でおかしくね?とか笑いながら見てるわ。
実は、松居一代ってうちの毒母そっくりなのよね。
あ、ちなみにうちの毒姉は豊田真由子そっくりですよ。
実兄は行方不明です。


金とプライドと悪口と自分が正義って言うの見てると、あー、こういう人ってどこにでもいるのねって思う反面、
もしかしらたら自分もそうなのかしらって不安になっちゃうわ。



騒音とか隣人トラブル問題ね。
松居一代さんも勝手にトラブルにしているけれど(面白いわよ)。



私はずっと集合住宅暮らしだけど、確かにお隣の音がする、って思ったことはあるけどそれを嫌だなって思ったことはなかったわ。
人が暮らしてるんだなーって思うと、ほほえましくない??
お隣から中森明菜が流れてくると、一緒に聞く気持ちの悪い隣人よ私。
独り暮らしの時は、お隣が大学生の男の子だったんだけど、ある時突然女の子とおしゃべりする声が聞こえてきた時は「ようやく彼女出来たのね!!」って嬉しくなったわ。もちろん、その大学生の男の子の顔も知りはしないけれども。
上の住人(男性)の所に、別の男性が乗り込んできてものすごい暴力沙汰になったのを聞いたこともあるわ。
気持ちの悪い隣人とは私の事ね。


別に耳をそばだてて聞いてるわけじゃないわよ。


今住んでいるおうちも確かに隣人の音はするけど
むしろ、うちの方がめっちゃうるさいから本当に申し訳ないと思ってるわ。
よく怒ってこないと、逆に感謝してるくらいよ。



でも、前の隣人さんはお子弐がまだ赤子の時にすごくよく泣く時間になると(あるのよ、悪魔タイムが。。)壁をガンガン叩いてきてうるさいアピールをされたわ。昼間よ。
絵本を読んであげてお子弐が笑っても、ガンガン叩かれてちょっと精神的にへこんだわね。
隣人さんはご夫婦だったわね。色んな人が居るわね。






つまりどんな人の隣に暮らしても嫌な人は嫌で、どんな人の隣でも平気な人は平気なのね。
これは普通の人の範囲での話よ。
犯罪者とかは勘弁よ。絶対に嫌。
どんなに罪を償おうが、反省しようが、人殺しとか性犯罪とか飲酒運転をした人と一緒の集合住宅に暮らしたいとは思わないわね。仕方ないわよ。私にはそんな犯罪者を更生させる力はないし、関わりたくないもの。


閑話休題



そこで思ったんだけど、松居一代さん。
そして集合住宅や人が集まって暮らしている場所では必ず文句をいう皆様。


あなた野中の一軒家にでもお引越しあそばせば??



だだっ広い野原におうちを建てるの!そしたら、何にもストレスが無くなると思うわ!


野中の一軒家じゃ周りにコンビニもないしスーパーもないしWi-Fiも繋がらないし下手したら電気も繋がらないかもしれないわね。
でも、あなたが憎む騒音や人間関係からは全て解放されると思うんだけど。。。
ほら、今だったらアマゾンも生協も配達してくださるし。。。



いかがかしら??
隣人がとっても不愉快って思って暮らしている方。
良い案だと思うんだけど。



あなたが不愉快って思ってる以上に、隣人はあなたを不愉快と思っていると思うわ。


夜中に隣人の音(大した音じゃないと思う)で、警察を3回呼んでるうちの毒母のお隣さん本当にかわいそうよ。。警察も大変だったわね。。
うちの毒母毒姉、松居一代タイプの人の隣人様はホントに運が悪かったとしか言えないわ。



おーーーっと、我が家の隣人さんが今日もチェーンソーを使っています!!
何を切っているかは全く分かりません!


すぐにブラックラグーンのソーヤーを思い出すのは私だけじゃないと思うわ。


120818_141226





これは特撮博物館で自分で撮った写真よ。ま、ほら、野中の一軒家に住めばこんなことにもならないし、隣人トラブルで人に文句を言ってる方々、お引越しあそばせ。


隣人に文句を言ってる人の心理はわかるわ。ヒマなのよ。
かまって欲しいのよね。誰かに。それが文句って言うのはかわいそうね。
だから、多分お引越しはなさらないと思うけど、それは周りの人が本当に不幸になるわ。


あー、この人の隣に家買っちゃって不幸!!って人にならないように気をつけなきゃね!!
ほんと松居一代の隣の人かわいそう。。。。。うちの毒母の隣の人かわいそう。。。。









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ