タグ:上司


昔の部活とかって
「やる気がないのなら帰れ!!」
っていうコーチとか居たみたいね。残念ながら私はそんなガチの部活に入ったことが無いので
「帰れ」
っていうセリフは言われたことが無いわ。
(毒親にはよく「出ていけ!!」とは言われたけれど。お望み通り、働き始めてすぐに出て行ったわ)


「帰れ」
って言われても困るわよね。
帰っても帰らなくてもその場の雰囲気を悪くする言葉。



「帰れ」


これほどの何て言うか人を困らせる三文字って無いのではないかしら。
しかもその言葉が生み出すプラスの状況ってあんまりないような気がするわ。
本人が言ってスッキリするくらい?



というのは、オットの会社の話なのだけれど、他部署のスタッフがミスをした時に
その上司が
「もう帰っていいから。帰れ。すぐに帰れ。」
って、怒りを殺した声でを部下に言ったらしいのよね。



うん。言われた方はその場からすぐに帰りたいくらい嫌よね。
ミスはミスだし、自分も悪いし。

お母さんから一言369



言われた方は本当にしゅんとして、そのミスをつぐなうべく色々やっていたみたいだけれど。



しかもその部下の子の下にいる子達の前で言ったらしいのよね。
私も中間管理職を結構な期間やっていたけれど、
もしミスをした人がいたら、絶対に人前じゃ怒らなかったけれどな~。。
(てか仕事では怒らないけれども。上司には怒鳴った事あるけれどね。)
人間にはプライドや面目や立場があるしね。。。


てなわけで、その上司は仕事もできるし言っている事もあっているのだけれど
非常に他人に対しての物言いがきつく、その部署で働いている人がどんどん辞めていくというお話でしたことよ。
でも結構ないい年でそんな物言いをするって、ちょっとなぁって思いますことよ。
言い訳できない環境を作って追い詰めた挙句、帰れなんて言われたらなぁ。
この人の為に仕事を頑張りたいなんて、思わないものね。



私はその方を直接存じ上げないけれども、何となくね、あまり魅力的な方ではないのだと
思ったわ。



あら、お盆につまらない話をごめんあそばせ!!
ほほほほほほほ。







にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



もしよろしかったらここから読んでいただけると嬉しいわ!




もちろん、お仕事をしているうえでは男性とお仕事をする機会もたくさんあるわね。
私は今はニートだから無いわよ!




仕事をしている時は、「男」として見ることは正直ないのだけれど、
あーーー、カッコいいなぁって思った瞬間がいくつかありますのよ。
もちろん重いものを持ってくれるとかそういったのは、正直な話当たり前として。





結構大きな会社(社名を出すと、あ、あの系列ね!って分かる位の所)で派遣で働いていた時、
そんなにカッコいいという見た目ではない年上の男性上司が、
私、ちょっととんでもない手違いでミスをしてクライアントにご迷惑をおかけしてしまったのね。
私のしたミスを全て自分のミスとすることを告げたうえで私に言った言葉が
「全部俺が上に報告するから、今やっている仕事を全部こなせ!」
って言われた時は、この人に一生もう迷惑をかけないって思ったわ。
その後迷惑かけなかったかしら。でも、とってもかっこいいと思ったわ。
私のせいにしなかったのよね。
その後、もちろん私も上司の上司に呼ばれたけれど、全く怒られなくて飲みに連れて行ってもらったわ。
「人間誰でも失敗はある」
って。
大企業ってやっぱり、余裕がある人が多いのかもしれないわね。






次はパチ屋でバイトをしていた時の話よ。
お客様でものすごいクレーマーの人が居たの。わけの分からないことで怒鳴りつける感じの。
そのお客様に当たってしまって、本当に嫌な奴に当たったなぁって。
(いや手を出していいというのならば手を出したいくらいの。)
インカムで当時の主任を呼んだら、事務所から速攻降りてきて
お客様の前に立って仁王立ちで




「へぇぇぇぇぇ、で?うちの子が何かしましたか?」
「へぇぇぇぇぇ、で?何かお困りですか?」
「ほぉぉぉぉぉ、パチンコのシステムお分かりの上でそれをおっしゃっていると??」




あおるあおる。
その内、お客様が折れてお店を出て行ったのね。
その後、その主任(ちなみにイケメン)が言った言葉が
「あおって手を出してくれば、殴ったんだけどなぁ!!!そしたら暴行罪にならないじゃん?」
多分。。暴行罪にはなると思うわ。。どっちが先に手を出したかって問題なだけで。。








バイト仲間のすっごく素敵な女性(ほんとに誰が見ても美人)に向かって
スマホの画面で「ブス」って向けてくるあほなお客様がいて
腹が立ったのよね。なので、そんな時もすぐに主任を呼ぶわよ(さっきのとは違う主任)。
主任、適当に防犯カメラを確認してから、そのお客様のもとに向かって




「うちの子がブスって言うのやめてもらえますか?大体彼女とても綺麗ですし。
何かご不満でも??」




って言いに行ってくれたのよ。
後で聞いたら
「防犯カメラでスマホの画面なんか確認できないけれど、あなたたちが言った事が嘘だとは思わなかったから殴られるの覚悟でそいつんとこ行ったんだけど。いやーいちかばちかで怖かった~」




この3人は私の中で、かっこよかった男性上司ね。
必ず、部下を守る。自分の身を守るより先に。
なによりも先に部下を守ってお仕事をしている人だったわ。
もちろんもっと居るわよ。




基本的に男の人って、女の子に優しいわよね。



そんな素敵な男性の上司に会えて本当に良かったわ。
一番上に書いた人は私より年上で、後のパチ屋の上司は私より一回り以上年下の上司よ。



お仕事をしていくうえで色んな人に出会うわね。
腹が立つ人もいるけれど、素晴らしい人も沢山いるわ。




部下を必ず守るっていう気概でお仕事をしている上司は、男女関わらずカッコいいと思うわ。
とても大変なのは分かっているけれど、上司って言ったって役職手当なんて数万なのに、お金じゃないところの優しさが感じられる上司は好きだわ。



なのでそうじゃない人を見ると


ゲス!!!


って思うわね。圧倒的にゲスの方が多いわよ。
ハッキリ言うけれど。自己保身しかしない人。
でもその方が生きていく上では安全なのよね。




え?私??
中間管理職もかなり長い事やっていたけれど、バイトや部下の子達ときゃっきゃ言って遊んでいたからそこまでゲスじゃなかったのでは。。。と思いたいわ。
まぁでも人の価値観はそれぞれだから私の事をゲスって思っている人が居ても仕方ないわね。




お仕事が出来る出来ないって言うのは、会社という組織が判断する事。
でもその人の人間性を判断するのは、現場で一緒に働いている人よ。



少なくとも上に書いた3人の男性は、お仕事をするうえでとても働きやすかったわ。
何かあった時に守ってもらえるって、部下としては最高よね!!




あーコンビニの店長もかっこよかったなぁ。とんでも君だったけれど、変な客が来たら必ず守ってくれたわ。



オットにも言ってるわよ。
部下を守るのが上司(中間管理職)の仕事よって。あんたが怒られたら、愚痴くらいは聞くわよって。



お母さんから一言29




後一つ、助けて欲しい時に素直に助けてくださいって言える関係性を築くのも
お仕事をするうえで楽かもしれないわね。



私は彼らと全くプライベートでは付き合っていなかったし
今では連絡先すら知らないけれど、
しかも多分みんな転職しているでしょうし。
でも、とってもいい大人の男に育っていると思うわ。
見てみたいわね。その男っぷりを。






にほんブログ村 にほんブログ村へ





もしよろしかったらこちらを読んでいただけると嬉しいわ。


さすがに44歳になると様々な職種についているのよ。


その中で本当に素敵だった女の人に書いてみたいと思うわ。(上司よ)


18歳の時からバイトを始めて社会というものに初めて関わって、
色んな上司に出会ったわね。男の人も女の人も居たけれど、何て言うのかしら私の理想像が大きすぎたのかもしれないけれどとんでも子供ちゃんな大人の人ばかりだったわ。
(その前に私がとんでも子供だったのも否めないわね)
エロ話とパチンコと競馬の話しかしない男の上司、独身であることを絶対的に推奨してくる女の上司。
その他もろもろいたわ。もちろん、彼らにもいい所は沢山あったわよ!
大人ってこんなかんじなのかな?って20代前半まで思っていたんだけれど

20代後半で出会った素敵な女の人が居たわ。私より10歳ばかり上だったのかな?
天海祐希みたいな雰囲気の人。
若いながら役職名は忘れちゃったけれど、部長より偉い立場の役職についていて
自分より年上の男性社員を指示してバリバリ働く女の人だったのよ。
以後、お姉さまと呼ばせていただくわね。


お姉さまが声を荒げて怒ったところを見たところがないわね。
声をあげて笑っているところは度々見たけれども、
どんなミスをしても絶対に怒らないで部下のカバーに回る人だったわ。

一回こんなことがあったのよ。これは私がやった話ではないんだけれど(同じ部署の女の子がやらかした話よ。)
クライアントのグループメールがあって、間違えてそこに
「〇〇さんの送別会にお花を贈りたいので、一人300円ずつ徴収しまーす!」
って送っちゃったのね。
クライアントさんはびっくりするわよね??
部署の偉い人総出で大変申し訳ありませんでした。って、謝ってくれたのよ。
で、月日が経ち、今度はその女の子
「〇〇さんの結婚祝いにお花を贈りたいので、一人500円ずつ徴収しまーす!」
ってそのクライアントのグループメールに送っちゃったのよ。
速攻クライアントさんから電話がお姉さまにかかってきて、
「これは私も払わなければならないのでしょうか?」って。
ものすごく大手の会社のクライアントさんよ。
もちろん、そのクライアントさんも冗談で言っているのよ。
「とてもいい職場の雰囲気ですね!でも、グループメールは気をつけましょうってその子に伝えておいてくださいね!」
って、そのクライアントさんもとっても粋な方よね。

普通、そんな事やらかしたら、
上司としてものすごく怒るわよね?

その電話を取った後のお姉さまのその子に対する対応は
個室から出てきて、爆笑しながら
「あなたまた面白いことしたわねぇ!!問題にならなかったから良かったけれど、ミスはミス!
おわび状をきちんと書きなさい。書き方が分からなかったら教えてあげるから。」

っていうお叱りの仕方だったわ。


私もものすごいそれこそ社内問題になるくらいのミスをしたことがあって
アルバイトさんの給与計算を自分でAccessで組んで計算をしていたのね。
マクロを組んだ方は知っていると思うけれど「月」っていうところで例えば6月分のお給料を計算する時は「6」って入れるように組んでたのよ。
それを6月分のお給料を払わなければならないのに、まちがえて前月のまま「5」で全部の計算をしてしまってそのまま経理に提出してしまったのね。
普通だったらありえないミスをしたのよ。


その時のお姉さま。
「やってしまった事は仕方がない。どこでミスをしたのか自分で分かっていると思うから
後はその事後処理を全員でしていきましょう。そして二度と同じミスが起こらないように、システムをかんがえましょうね」
声を荒げて怒るどころか、起こってしまった事に対しての対処方法をすぐに他の部下にも指示して事無きを得たわ(振込後だったから大変だったけれど)。


ちなみに、私この時の立場、派遣よ。


その後も同じようにアルバイトのシフトを組むシステムとか、給与計算のシステムとか、Accessで間違いが無いようにとか頑張ってやっていたんだけれど、個人では限界があるのよね。
そうすると、システム課の人とミーティングさせてくれたり、
最終的には外部発注になったのだけれど、その会議にも出席させてくれて
自由に発言させてくれたわ。
他の事でも、当時担当していた別の案件でもクライアントさんとの会議に出席させてくれたり
とにかく社会経験をとてもさせてくれたの。


これだけ聞くと、お姉さまただの出来た仕事人間って思うでしょう?
ノンノン。
部下が凹んでいる時、私が凹んでいる時、
ランチ(しかも普段は私が食べられないような1500円以上するやつ)に連れて行ってくれて
なにげなーい話をしてくれるのよ。
二人で飲みに行くこともあったわ。
それが、お姉さまお酒も強いのよ!私、かなりお酒に強い方だけれど、私よりお酒に強いのは生涯でお姉さましかいないわね。


最終的に社員ならないか?ってお話もいただいたのだけれど
通勤で往復3時間かかってしまうので、(途中で私が結婚もしたし)これ以上は申し訳ないけれど通勤時間的に難しいですって言う理由で辞めてしまったのよね。


地元で新しい職業につきます!就活しなきゃーって言ってたら
自分の着ていたハイブランドのスーツをくれたわよ。


あの職場は本当に良かったなぁって今でも思うわ。
近かったら今でも働きたいくらいの職場だったわ。
(他の上司もとても素敵な人が多かったわよ!あのね、ドラマに出てくるみたいなイケメンおっさん沢山いたわよ!私の送別会にもイケメンおっさんたちたくさん出てくれて全部ご馳走してもらったけれど、私が酔っぱらいすぎてグラスを倒しちゃったのは本当に申し訳ないわ。。)


色んな職場を巡り歩いてちょっとだけ分かることがあるんだけれど
心に余裕がある人が沢山いる職場ってそんなにないわね。
あの職場は本当に心に余裕がある人ばっかりだったわねぇ。てかお金にもね。



お姉さま元気かなぁ。



紹興酒、また二人でボトル二本行きましょう!
チェイサーはビールで!!


とも思うけれど、思い出は思い出で。


若い時に素敵な大人と会うって最高の事よね!あくまで自分が素敵と思う大人ってことよ?


私にとっては、お姉さまは今まであった上司の女の人の中で最高の女の人っていう
ただの思い出話でした。


お母さんから一言35



お姉さまに出会ってから、怒ってるとかそういった感情を人に表すことがいかにアホな事か
って言うのを学んだわ。
やってしまった事は仕方がない。過去は変えられないから。でも未来は変えられるものね。
それは仕事でも子育てでもありとあらゆる人間関係において。


でも、自分が怒ったことで何かがいい方向に変わるのだったらたまには怒るわよ。
そう言った事も全部教えてくれたのがお姉さまよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 
主婦ランキング

↑このページのトップヘ