カテゴリ: 昭和のお嬢さま

私はそうね、恐らくとんでもなく教育にはお金をかけていただいたわ。



それが身になっているかと言えば




えぇ、全然身になってなくてよ!おほほほほほ。





毎週、何曜日だったから忘れてしまったけれど、伝通院の近くにあるお屋敷のおばあちゃま家庭教師にお勉強を見てもらっていたわ。
確か、出自もすごくて旦那様は官僚で、お子様たちもとんでもない高学歴で
おうちはいつでもピシッと綺麗。




ご自宅まで伺ってお勉強を習うのだけれど
最初に先生が、おやつを出してくださるのよね。




先生がお作りになったお菓子やら外国の珍しいお菓子やら、
煎茶の淹れ方、紅茶の淹れ方もそこで全部習ったわ。





先生自体は特に嫌いとか苦手とか思わなかったわ。
何故かって、ものすごく出来る昭和初期の女性だったのよ。
絵にかいたような、かわいらしい人。お勉強も家事も妻としても母としても恐らく完璧な人だったと思うわ。
和服をピシッと着て、花鳥風月を愛で、
恐らく現代に生まれていたら、仲良くなれたと思うわね。






でもその先生の、わが子への教育方法を聞いた時に
ドン引きしたのを覚えているわ。



「悪い事をしたらお線香なのよ。」



って意味わかるかしら。
手をグーに握らせて、親指の付け根にお線香押し付けるの。




「だからうちの子供達は、おててにたくさんのお線香の跡があるのよ」




それ、焼きじゃね??
ヤンキー??




今考えると悪いことって何だったんだろう。。。。とは思うのだけれど。
テストの点かなぁ。
その時は聞けなかったわ。
テストの点が悪くて、毎回お線香で焼き入れられてたら嫌よね。
っていうか、私はそんな事はしないわ。






まぁその先生の所に行ったところで私のテストの点数が上がるはずもなく
数年で行かなくなったのだけれど。




この先生からお見合い話2件来たわよ。
何か分からないけれどとっても可愛がっていただいて、大島紬の着物をいただいたけれど
高級なのは今なら理解できるけれど
当時の私はさっぱり理解できなかったわ。
20歳の子供に大島紬は似合わなくてよ!!先生!!




昭和ってこんな感じだったのよ。
親が普通に殴るとか叩くとか(殺すほどって意味じゃないわよ)
外に放り出すとか、今でもみんなで笑うもの。
親のしつけ厳しかったよね~って。


お母さんから一言24


外に放り出された時の対処法としては、大声で歌う!!っていうのがあったわね。
ほらあいつら外面いいから、すぐに中に入れくれるわよ。
朝、お嬢さま学校に行くと
「昨日も大声で歌ってやった」
って言ってる人が居て爆笑したわ。




うちのかなりの身体的暴力はあったけれど、お線香は無かったわよ。
ちなみに身体的暴力(例えば痛いと思うまで叩くとか)ってね、そんなに心の傷にならないわよ。
人によるでしょうけれど。
足は出しちゃダメよね。平手くらいで。(私はやらないわよ!)
子供の頃こんな暴力を親がしてたわよね!昭和よね!っていうネタで話しているけれど
(オットは親に全く叩かれたことがないそうで、友人とケンカして初めてその痛みを知ったらしいわよ。)
男の子の場合なんかは特に、親から殴られたりとかって必要なのかしらって思ったりもするわ。
加減がわからないからね。実際のケンカした時。
実際の殴り合いのケンカなんて一生しなくていいと思うけれど。




お嬢さま学校に通っていたお友達と話していると
かなりの勢いで、親から暴力を受けていたのと
かなりの勢いでものすごい塾、家庭教師、お習い事。
ああいうところにお子さんを入れる時は覚悟しておいた方がよろしくてよ。




お子さんにとって何が大事なのか一番に考えた方がいいわ。
そして自分にとってもよ。
親の態度を見ていて、結婚をしてない人沢山いるわよ。













にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


この間、幼馴染と話していて
前も書いたけれど、私の幼馴染というのは非常に元お嬢さまよ。
今は普通にそこら辺に住んでるわよ。



今でもお付き合いがある人達は、数少ないけれど
たまに過去の学校の事を話したりはするわよ。
仕方ないわよ、だって、3歳から18歳まで同じ学校に通っていた同士ですもの。




ものすごい進学校でもあったのね。そこの学校。
でもま、私のお友達は
バカばっかりだったわよ。おほほほほほほほほほ。
(いやものすごい人も居たから今度書くわ)




他の人たちは、もちろん目指すのは東大、京大、とかの国立コース。
これ以上言うと、もしかしたら嫌味と感じる方もいらっしゃるかもしれないから書かないけれども
大学に行くのが普通、っていう環境だったわ。





大学に行かない人も居たわよ。
「勉強?それ、もう必要ないわ。」
って言って、独自のやりたいことに進んだ人も居るから、それはそれでいいんじゃないかしら。




ここで一つ。
進学校に通わせた故に起こった不幸な出来事をオブラートに包んで書くわ。




お子さん本人がこれを将来やりたいからこの学校に行きたい!!って
自分の意志で決めるのってあの年齢では相当難しいと思うのよね。
「この学校に行ったら、いい大学行けるわよ」
とか、親が刷り込むのよね。



それはとても大事だと思うの。



何の目標もなく勉強をしているより、親の財産があるのだったら
塾に行ったりしていい学校に行くって、未来が広がるものね。





でもさ、例えば(私の毒実家もそうなのだけれど)兄弟が何人か居て
そのうち一人だけものすごく勉強が出来て
それと常に比べられる他の兄弟って本当に辛いと思うわよ。




ほら私みたいにバカで能天気で自我が強いと、そんなのどうでもいいや!!
って思えるけれど、
繊細な人には本当にきつかったと思うわ。




言いたいことは分かると思うけれど
そう言った事で数人、若いうちに亡くなったわ。





何でかなー!!!
勉強なんて出来ても出来なくても得意不得意なだけなのよ??
出来ないよりは出来たほうが面白いってだけよね??
大体私はスポーツが全くできなくて、毎回体育の時間逃げたかったけれども。
(高校時代は3年間生理で通して水泳の授業一回も出なかったわ)



それより人間的な魅力の方が本当に大事だと思うわ。
その人たちは本当に人間的に素敵な人たちで、ちっとも嫌な思い出も無いわ。
なのになぜ、受験に失敗したくらいで自ら命を落としたのかな。





進学校に通わせる親って、多分お子さんにものすごく過度の期待をすると思うの。
で、それにこたえようと真面目なお子さんは頑張るのよね。
私は全く持って不真面目だったので、何故そこまでその人たちが頑張るのか分からなかったけれど。
そうしないと、親からの愛情が得られなかったのかなって今は思うわ。





でもね、いい学校に行かせることが親の役目じゃないわよ。
親ってね、子供がまっすぐ楽しく笑顔でいる環境を何とか整える役割じゃないのかしら。
勉強は正直大事よ。
本当に大事。
そしてこうやって日本全国で全ての子供が勉強を出来る環境って、ものすごく素晴らしいわよ。




東大行ってアホなコンパして強姦するような子供に育てるより
そこら辺で一生懸命、車の修理をしている金髪の男の子の方がよっぽどカッコいいと思うわ。



子供ってねアクセサリーじゃなくて、生きている感情のある自分で考えられる一人の人間なのよ。




勉強がいくらできても
ご存知??



コミュニケーション能力が全くなくて、東大の博士課程を出ても就職先が無くて
コンビニの店員(コンビニの店員が悪いわけではないわよ!!)やっているひと
沢山いるわよ。
そういった人を救う組織までも確かあるわよ。
名前忘れちゃったわ。そこ関連のお仕事をしたこともあるのよ。私。ほほほ。色んなお仕事をしていてよ。



話をもどして、
そんなにお子さんに過度の期待をするのは本当に危険だと思うわ。
特に男の子。
大学に行って何をしたいのか?卒業してどこに就職したいのか??
東大行ったからって全員希望通りの就職先には行けないわよ。



もしね
「うちの子東大なんです!!」
っていう親のステータスが欲しいのだったらやめてほしいわ。





帰りたい家庭を作ることが
親の一番の役割だと思うわね。
兄弟同士で比べるなんて言語道断よ。








にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

これは私が幼い頃の話だからもう時効なので言ってもいいと思うのだけれど
とんでもない豪邸の建つ区画に住んでいた我が毒家族。



もしよろしかったらなのだけれど、こちらを読んでいただけると嬉しいわ。



会社名は覚えていないけれど、そのお宅は社長さんだったと思うわ。
そこもとんでも豪邸だったのよ。
てか、私がちゃっかりそこの家の前で撮った写真を見たお友達が




「これ?あなたのお家??すごくない??!!」




って言われた後、それを否定するのにどう言葉を使っていいかも分からないくらいの豪邸。
もちろん否定したわよ!!何とかその時の自分の語彙力を使って。




昭和の当時って、三階建てとか珍しかったのよね。
今だと、狭い土地に三階建てとかあるけれども、当時は三階建てにする必要がないでしょうに
広いお庭に昭和モダンな三階建ての素敵なお屋敷。
お子様たちは多分、私立に行っていたのかしら。
何だか居丈高な嫌な感じの子どもだなぁって思って近寄らなかったわ。




恐らくそのお家、ご自身がやっている会社の経営が傾き始めていたのよね。




ある朝ね、その家の前に大量の男の人が来て騒いでいるの。
子供だったので何でそんなに騒いでいるのか分からなかったけれど、
「金を払え!」
とか
「給料をよこせ!!」
とかそんな事をものすごい勢いで怒鳴っていたのよ。そのお家に対して。
昭和な話でしょ。
今だったらそんなことしたらすぐに警察が来るのでしょうけれど。
で、それがおさまったと思うと





ビラっていうのかしら?
「死ね!!」
「金払え!!!」
「家を売れ!!!!」
とかそんな文言の半紙がお屋敷の回り中に貼られていたのよ。




恐らく、従業員の方たちだったのでしょうね。
昭和ってそんな感じの事が全国津々浦々で行われていたのだとは思うけれど
子供心にショックだったわ。




朝、登校する時に見ると、まっさらに戻っているお屋敷が
夕方、家に帰る時に見ると、もうその半紙でお屋敷の門からドアから至る所に貼ってあるのよ。
それが数日かしら数か月かしら、とにかく結構な期間あって





もちろん更地になって、売り出されたわ。土地。





そのご家族がどこに行ったのかなんて分からないけれども。

お母さんから一言24


この出来事!!今のTwitter炎上とそっくりよね!!!
むしろ、怖いわよ。真夜中に怒りの半紙を貼っていく人。その行動力。
相当酔っぱらっていたのかしら。だって私だったら、どんなに腹が立っても誰かの家に悪意の半紙を貼るなんていたしませんわ。




下町ロケットとか、自営業の方がどん底から這い上がるっていうお話とっても好きだけれども
てっぺんまで登って、どん底に行って、這い上がれなくて大変だった人も本当にたくさんいるのだと思うわ。
それが実力と言われればそうね、ならば「よらば大樹の陰」って言ってサラリーマンを選ぶ道もあるしそれはその人の選ぶ道だし運もあるので私には何とも言えないわ。





そして、この御殿町で暮らしていた私が学んだことは
(地名としては残っていないけれど、「御殿町」という呼び名の場所だったのよ。今はどうだか分からないわよ。)




親がお金持ちってある意味不幸だなって思うわよ。
家を継がなきゃいけないし、いい学校に行かないといけない。
いいお習い事をしなければならない。
決められたお友達と付き合わなけばいけない。お金持ちの伴侶と結婚しなければならない。




ま、そんなの全部関係ないって思って家を私は飛び出しましたことよ!





なんて言っている私の実家も自営業だったので、世間の波に押されて倒産しましたわよ。
ほほほほほほほ。




お金や土地はあったらいいものだし、
ただ、それに縛られちゃって逃げることのできない人も見ているので
何となくね、
「不動産」って言う言葉を聞くと嫌悪感を感じるわね。
だって、





不動じゃないもの。
心が土地に縛られて自分の心が土地に対して不動になっているだけよ。
あんなのただの地面よ。






不動明王に怒られるわよ!!






にほんブログ村 にほんブログ村へ


※追記
先祖代々の土地とかそういった方もいらっしゃると思うので、
そこら辺の感情に関しては私は分からないわ。
父親の実家はものすごい土地持ちだけれど、それを継がずに分家したのは毒親の判断だし。
でもね、何となくなのだけれど、新しくお家を建てる人が居て
そのお家がこの先100年残るお家なのだろうか(物理的に)って思ってしまうのよね。
日本の建築の考え方としては、車と同じでどんどん新しく乗り換えていこう!それで経済を回していこうっていう考え方なので、恐らく古きよきものというのは相当な建築物でない限り無くなっていくのだと思わ。
そして、土地だけが残ってそこに値段がつくのね(特に都会は)。
それが日本の持ち家の文化よ。



なので、先祖代々の土地を更地にしてマンションにしたりとか
賃貸にしている方はさすが!って思うわよ。あ~そんな土地があったらなぁ!
そんな土地があったら面倒くさいわね、管理が。

昭和の頃の私が住んでいた街は本当に豪邸だらけでした。
(実家は違うわよ。普通の家よ。)



日本風の豪邸ではなく、大正モダンの豪邸が数件ありましたことよ。
皆様、門構えが普通ではなかったもの。漫画かよ!!みたいな。
一区画全部そのお屋敷とか。
タクシーで行き先を伝える時に「〇〇御殿の近くまで」って言えば分かるようなお屋敷が沢山あったわ。
庭師さんが来て庭を整えるのはもちろん、
何て言うのかしら、面白かったのはあるお宅から大臣が出たからその門の前に警察が警備に来るようなそんな街。
(今は違うわよ。普通の住宅街。)



でも跡を継ぐ人が居なくて(居たのかもしれないけれど、そんな詳しい事は分からないわ)
お家の人が全て亡くなってしまうと、全て取り壊されて更地になるのよね。
でね、そんな素敵な豪邸が取り壊されると
普通の家の私たちに恐怖が訪れるのが



ねずみ



豪邸に住んでいたねずみが、普通の家に拡散するのよ!!!



ねずみは~、さすがに嫌だったわ~。



ちっ豪邸住まいのねずみめ!!



さて、やっぱりその豪邸に住み続けたいと思わなかったご遺族の方が
売りに出したその更地。
1軒の更地に、5軒ほどのそこそこすごいお家が建ったりしていましたわよ。




その更地にご遺族の方が更にすごい豪邸を建てたところもあったけれど。


考えてみて??相当な資産家でもない限り、そして相当な稼ぎのある人でもない限り
固定資産税だけを考えてもブルブル震えるくらいの額よ??
普通のサラリーマンにはこれを維持していくのは相当厳しいっていうのが、今では分かるわ。
土地は生前贈与とかで受け取っていたりしても、上物もすごかったし
数年で土地ごと全部売っちゃってどっかに行ってしまったわ。
(こういう話は毒母と毒姉の大好物だから、年がら年中そのお宅の悪口言ってて小学生だった私も何となく状況が理解できていたわね。テレビの撮影が来るような大豪邸だったわよ。でも旦那様サラリーマンだったのよね~。何でそんな暴挙をしたのかしら。。)



豪邸の跡がマンションになっているところもあったわね。
賢い選択だと思うわ。





お母さんから一言29




というわけでほとんど、昔から住んでいる人が居なくなったその土地は
今では私が訪れても面影のない「知らない街」になってたわ。
住宅街なのに昔からある家が全くない「知らない街」。
たった30年くらいなのに、街って変わるのね。街は生き物だわって思ったわ。



そうね、今度は倒産して自宅を売らなけばならなかった人の話でも書こうかしら。



悲惨よ。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この間、元お嬢さまと昼間からビール飲みながら、うちでグダグダ美容の話とかして
(本当にグダグダよ。。つまみはスルメイカとかよ。)



「ちょっと何か私達も誰かに自慢したいわね」



と言う話になりましたのよ。
(元お嬢さまたちは、ほったて小屋とか、狭いうちとか、貧乏とか言われている素敵なレディよ。
私達二人とも賃貸よ!!)



元お嬢さまが言い放ったわ。




「そうね。。。。肩書で言ったら、親戚はすごいわよ。」

(詳しくは書けないけれど、本当にすごい。。皆様の知っているような大企業の重役ばっかりです。)

「でもあんたの肩書じゃないわよね??」

「そうだった!!あはははははは!!」

「じゃあんたはどうなのよ??」

「えーとねぇ、お子達が毎日楽しそうに学校行ってます!!」

「ある意味当たり前~。でも確かにそれは幸せだけれど自慢するような事でもないわよね。」





何を自慢するか散々二人で話し合ったのだけれど


「顔かしらね、やっぱり」




お見せ出来なくて残念だわ。




お母さんから一言38



アラフォーとアラフィフの女の人同士で何を話し合っているんだか、
お酒の力は怖いわね。




自慢。。。
してみたい。
何かを自慢してみたい。





顔以外に二人で考えてみたわ。

「あんたブランド物持ってる??」

「あるある!!ヴィトンが好きなのよ!!」

(彼女は小物は全てヴィトン。ネックレスから指輪から財布から何から何まで。)

「いいじゃない!!それ自慢してイイよ!!」

「え、ダサい。お金で買えるものだもんね~。」

「私も一応、ネックレスはAHKAHとageteよ!!」

「それもお金出せば買えるわよ?つか、そんなブランド、若者の物よ!!」




あーでも、私達、お子達がものすごく周りのお友達に恵まれているのは
本当に幸せで自慢だわね!
後私も、周りの人にとても恵まれているわねっていう方向に話が向きましたわ。



でもそんな事、不幸そうな人に自慢したらダメよ。



お金を出しても手に入れられないものがあることが一番の自慢ね、って言う事に落ち着きました。
それは人によって違うと思うわ。
何が幸せかっていうのは人によって全く違うのかもしれないわね。




その後も現在貧乏な元お嬢さまたちは散々飲んで、今度は旦那にお子達預けて
夜に飲みに行こうぜ!!って話で落ち着きました。
(何回も行ってるけれど。。)




こんなアホなお友達が沢山いることが一番の自慢かしら!!!




あらやだ!!自慢しちゃった!!!!!



(彼女はほったて小屋と呼ばれる家に住んでいながら、全く貧乏くさくなく、とっても素敵なレディですわよ。お子様たちをきちんと育ててらっしゃるお母さまです。
私から見ると彼女の住んでいるおうちは全然ほったて小屋でもなくて、何をもってそんな事を言うのかわからないけれど。
豪邸に住んで人の事を貧乏だの何だのいちゃもんつけてくる、お心が貧乏の方たちとは全く違うわ。)








にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ