カテゴリ: 主婦業


骨董が好きなのだけれど、全然詳しくないただの古いもの好きよ。

青い器が好きで使っているのだけれど。普段使いしているわよ。古い物も。

色がそれほどなかった昔は、


赤い色の器って本当に美しく目に映ったのでしょうね、と思うわ。


image1(65)



現代のお醤油さしと、昭和初期のちいちゃな陶器のお重と、江戸時代のそば猪口が
なにやら話し合っておる。。。。。。。。






可愛い♡






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

私、若い頃、美輪明宏さん大好きだったのよ。
考え方とか物言いとか、全部が私にとっては正しかったのね。



そういう時期、無い?
美輪様じゃなくても、有名な人の誰かが言っている事は必ず正しく聞こえる時期。
そうねー、特に弱っている時には響くのよ!
Dr.コパの風水とか、李家幽竹とか。
そうか、私の金運が悪いのは、財布が白じゃないからか。とか、
健康運が何となく低下しているのは、トイレにラベンダー色がないからだ、とか
とにかく、自分自身で何かを考えるのではなく、他人任せで考えたくなるほど弱っている時。



そういう時、この人達って、自分の中で大活躍するのよね。



でな、ある時ぱちんってその洗脳からとける時が来たのよ。



まって??金運がないっていうより私、無駄遣いばっかりしているよね??
財布を白にする金があったら、その分貯金しようぜ!ベイビー!
Dr.コパのサイトで数万する財布選んでる場合じゃないぜ!!


李家幽竹?なんか恋愛かダイエットについて偉そうに語っているけれど、この人太っているよね?
風水では痩せれないのか??


とか。




三輪様がそうだったわ。
鵜呑みにして読んでいたけれど、ある文章を読んでから
あ、何だかこの人違う。って思ったのよ。
それは
「今の音楽はダメ。うるさいばっかり。今の音楽で良いのは〇〇(バンド名)のバラードだけ。他のあんなキンキンしてた音楽を聴いていたらダメになりますよ。」
という内容の文章。


新しい物が出てくるから文化は発達するのであり、
それの好き嫌いはあくまで個人的なものだと私はそのころから思っていたわ。
なので、新しい物を「ダメ」と言い切る三輪様を見て


「ただの老人」



と思ったわ。
古い物も抒情的でいい物よ、どんどんお聞きなさいな、とかだったら分かるけれど。
それから、何となくテレビの人生相談(江原啓之とやっていたやつ)を見ていても
優しいが故のつきはなしではなく、この人この相談者のこと嫌いなんだろうなとかそういったものが垣間見えて
全く興味が無くなったわ。
あ、ヨイトマケの唄は本当にいいと思うわよ!あれはね、名曲。
(桑田佳祐のカバーもとてもいいわ!)




そんなこんなで、三輪様とは(勝手に)縁を切ったのだけれど。




人間の底辺を見たかったら水商売で3年働けとか。
鵜呑みにして水商売で働くことはしなかったけれど、ご安心して美輪様。
なにも水商売なんかで働かなくても、どの会社に行ってもとんでもちゃんは沢山いるわよ!
仕事は我慢料、とか。そんな我慢して仕事するくらいだったら好きな仕事をして色々頑張りたい!とか。思うわよね。。。



他人のオーラが見えるって言う事みたいだけれど(多分本当に見えると思うのよ)
それ見えてても不幸な人もいるし、なんていうのか



若い頃って、不思議な力を持った人とか、風水とか占いとかにはまる時期あるわよね~
って思っただけよ。



今みたいに情報があふれていないから、多分、美輪様の出す言葉が当時の私には非常に鮮烈に聞こえたのでしょうね。まぁ、その頃好きだったのって、昭和初期・中期の文学だったから仕方ないか。


ただの思い出話でした!


image1(62)



何かを否定したり、我慢することを強要される考え方よりは
私は叶姉妹の考え方の方が好きよ。(故小池一夫先生も好き!)




昭和は遠くになりにけり、よ。
80歳になっても偉そうにならない年の取り方をしたいものだわね。




※写真は、そこら辺の草を水につけただけのやつよ!
お日様が当たっていてとても綺麗だったから撮っちゃった♪





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

お料理が多分大好きよ。というか、苦じゃないわね。
別に特にこだわるとかそういったのはないわよ。
料理本も同じ料理家さんの本ばかり買っていて、あんまり冒険はしないわね。
単に家が狭いから置くところがないというのもあるわよ。ふふ。



でも、海外の主婦向けのお料理の本とか大好きなのよ。
何だかね、考え方の違いにびっくりするわよ。
日本人とは全く考え方が違うわ。今度またそこら辺の考察についてはびっちり書いてみようっと!


てなわけで、私がびっくりした
海外のお料理のレシピを二つだけご紹介するわ。
ちゃんと料理本に載っていたレシピよ?
確か一つは下の写真のマーサスチュアートの本に。もう一つはREAL SIMPLEというアメリカの雑誌に載っていたレシピよ。



image1(61)


レシピ1
『塩みかん』
TVオレンジ(温州みかんのこと)の皮をむいたら
軽く塩をかけてみてください!その美味しさに驚く事でしょう!
※スイカ的な??そんなみかんの食べ方してる人見たことないけど。




レシピ2
『ローストオニオン』
突然の来訪者で何もおもてしなしが出来ないと思っているあなた。冷蔵庫に新鮮な玉ねぎはありませんか?
玉ねぎのお尻と頭に十字の切込みをいれて、オーブンであめ色になるまで焼きましょう!
お皿に載せれば、立派なディナーの出来上がりです!
※付け合わせじゃないよ!ディナーとして載ってるんだよ!!




あのね、ほぼこんな感じ。
新鮮な野菜をちぎってのせて、オリーブオイルと塩であえたら立派な一皿とか。
そうじゃなければ異様なほどの手の込みようで、こんなのいつ作って誰が食べるんだ!と突っ込みたくなるようなものばかり。
後ね、包丁を使う際にはきちんと持たないと指を切りますよ!とか。そんな注意文まで載っているのよ。



あーアメリカの料理本だからかしら。イギリスのはねぇ、日持ちするとか異様なほど煮込むとか大きなチキンを丸ごと焼いて一週間かけて食べるとか、何だか良いんだけど「飽きない?」って言うようなお料理が多かったわ。



なので、日本人の料理本は大して持っていないのだけど
作りもしない海外の料理本は結構持っているわ。それを読んで、
「美味しくなさそう。。。。」
と想像を働かせるためだけにね!!!



あ、でも写真とかインテリアは本当に可愛いわよ~。
中古とかで安く売っている時に買うのがおススメだわよ!





え?そんなの買わないって?そうよね~。私も自分の回りで買っている人見たことないわ~



※同じ理由でエルアターブルもおすすめです。
 写真以外見るところがないあの雑誌。なんの参考にもならないけれど、見ているとワクワクしますわよ!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

専業主婦をしているわ。聞こえがいいだけでタダのニートよ。


さて、ニートは少しでも家計の足しにと少しばかりの文章を書くお仕事をしているわ。
大したことないわよ、主婦の内職よ。


そこでは毎回、いくつかのお題を出されてそれについて原稿用紙6枚分ほどにまとめて
提出をするのだけれど。



色んなお題が出て面白いわよ。
全く自分とは関係のないお題が多いので、色々調べながら書くのだけれど。
美容とか車修理とかそういうのは面白いわね。知らないことを知れて、ちょっと詳しくなるのでまた無駄な知識が増えていくわよ。
歯医者さん関係の記事を書いていると、
「歯医者さんはきちんと選ばないと大変なことになる」
と言うこれについては無駄ではないとても大事な知識を得たわ。
本当に皆様、歯医者さんだけは(個人病院が多いし)、地元の口コミやらって大事よ。
変な歯医者さんに当たりませんように、くわばらくわばら。



で、たまに主婦のお仕事についてっていうのがお題に上がるのよ。


何だかね、私元々共働きで今は専業主婦兼ニートだけれど



主婦業について詳しく書いていくと



段々腹立ってくるのよ。



これはいかんと思うのだけれど。でも、この感情は私だけではないと思うわ!いや、断言するわ。





何で日本の男はこんなにも家事をしないのだ!!!!!!!
負担が大きすぎるんだよ!主婦の!!!!!!
しかも、ほぼの主婦、完璧に家事をこなそうと日々頑張っている!!!!!!





中には「働かせていただいている」などという訳の分からない主婦の話なんかもあったり
「働かせていただいているので、家事は私が完璧にこなします」


とか



ばか??????



私はとても怠け者なので、なるたけ家事を減らす方向を完璧に行っているけれど
こんなパーフェクトな主婦がいるから、専業主婦も負担が重くなるんだよ!

お母さんから一言33

主婦ってハードルたけぇなぁって思いながら、そういった記事を書いていると
隣でいびきかいて寝ているオットを見て、何となくイライラする私。




ほほほほほほ。料簡が狭くてごめんあそばせ。




※でも実際、男の人って家事を何にもしないわよね。そこでお友達にリサーチしてみたら、「トイレ掃除だけ頼んでいたのだけど、自分でやった方が早くてきれいだからやらせるのやめた」っていう人が居たわ。
男の人、奥さんが先に亡くなったらどうやって生活するのかしら。。。。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

やっと夏休みやその明けの色々な行事
(夏休み明けは虫みたいにマダムたちが家から出てくるわよ。やっと解放されたと。沢山遊んだわ。)
が終わり、一息。。。まだつけないわね。何だか色々忙しい毎日よ!


夏休み中は毎日朝から晩まで何かしら作っていたけれど
それが無くなるのは本当に楽ちんよ~。
朝昼なんかほとんど食べないものね。というかブランチで済ませてしまうわ。
名前だけだとカッコいいけれど、たんなる残飯処理をするって事かしら。


カレーとかシチュー系のお鍋って、洗うの面倒くさくない??
リメイク料理!とかする時ももちろん多々あるけれど、それでもお鍋に何となく残るカレー。


洗うにしても、油っぽいし、シンクは何となくべたっとするし
気合を入れて洗うと手がカサカサするし。色んな洗剤を試したけれど、どうにもこうにものべたつきはやっぱりあるわ。


なので、私は、何となく少しだけカレーを残しておいて
中に白いご飯を入れてお鍋ごとご飯を頂きますわよ!!!

お母さんから一言40


鍋ごと残飯処理班!!
もちろん一人でしかやらないわよ!!!


でもね、ちょっと残ったカレーにあつあつのご飯(レンジでチンよ。)入れて
生卵とにんにく醤油とか本当に美味しいわよ~。
粉チーズとかタバスコなんかもあったらなおいいわ。


食べ終わったころにはお鍋もピカピカ、洗いやすくなっていて
ほほほほほほ


なんてエコ!!何も無駄になっていわ。天才よ私!!






で、これはおススメですけれど、その食べ終わったお鍋、重曹をパパっと入れて
お水から沸騰させて放置しておくとつるつるになりますことよ。
よろしかったらお試しくださいませね。



ってまわりに薦めたら~、えー鍋から食べるのぉとドン引きされました。
ちっ!!確かに貧乏くさいわね。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ