カテゴリ: 毒親、機能不完全家族

我が家は全く怒鳴り声もなければ大きな音は




そうね、コザクラの鳴き声が異常なくらいの大声だって事かしら。




あの、もし今からコザクラ飼おうと思っている方がいらしたら言っておくわ。
あいつ、あんなに小さい体でびっくりするくらいの鳴き声出すわよ。
集合住宅で、ご理解がいただけないお隣さんだったらかなり苦情が来ると思うわ。
うちは幸い、苦情は来ないわよ。(皆様がまんしてたら本当にごめんなさいね。)




image1(17)


可愛いだけのこいつ。
くっそー可愛いんだなあぁ!!




てなわけで家で大声を出す人も怒鳴り声を出す人も居ないのだけれど。



って、普通の事よね?
少なくとも、私の家庭では普通だし恐らくどの家庭でも普通の事だと思うわ。




私ね、小さい頃、自分の気に食わないことがあると怒鳴る人ばかりの家庭だったの。
私自身はあんなお嬢さま学校に通っていたのだけれど
家の中は怒鳴り声と、自分にとって不機嫌な事があるとそれをしめすための大きな音。
ドアをものすごい勢いでしめたり、足を踏み鳴らして歩いたり。




毒父が毒母に怒鳴り倒すとか毎日だったわよ。
(手は出さなかったわね。そこは良かったのかしら。)
逆もしかり。



毒姉の怒鳴り方もすごかったわね。
毒姉が自分のお子様たちに怒鳴る様とか



般若と思ったわ。



(そのお子様たちに怒った理由が自分が顔を洗っていてタオルが無かったからタオルを早くとってっていうだけ)




そういう環境で幼いころから過ごしているとね
怒鳴り声
大きな音
がものすごく怖くなるのよ。





私みたいなお気楽バカでも
今でも大きな音や怒鳴り声には本当に反応するわ。




まぁ怒鳴り声なんてそんなに普段聞くことはないけれども。



もしまだ小さなお子様がいらっしゃる方がこれを読んでいただけていれば
お子さんの前で怒鳴ったり大きな音を立てて自分の怒りを表現するっていう方法は
お辞めになった方がよろしいと思うわ。



でないと、私みたいに
映画館に行けないお子様に育っちゃうわよ!!!



閉鎖空間が苦手なのと大きな音が苦手なので映画館は苦手なのよ~
ここ数年は誘われて頑張って行っているのだけれど、
映画館て、変なのも居るし。(お化け関係)





ほほほほ。







にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


この間、幼馴染と話していて
前も書いたけれど、私の幼馴染というのは非常に元お嬢さまよ。
今は普通にそこら辺に住んでるわよ。



今でもお付き合いがある人達は、数少ないけれど
たまに過去の学校の事を話したりはするわよ。
仕方ないわよ、だって、3歳から18歳まで同じ学校に通っていた同士ですもの。




ものすごい進学校でもあったのね。そこの学校。
でもま、私のお友達は
バカばっかりだったわよ。おほほほほほほほほほ。
(いやものすごい人も居たから今度書くわ)




他の人たちは、もちろん目指すのは東大、京大、とかの国立コース。
これ以上言うと、もしかしたら嫌味と感じる方もいらっしゃるかもしれないから書かないけれども
大学に行くのが普通、っていう環境だったわ。





大学に行かない人も居たわよ。
「勉強?それ、もう必要ないわ。」
って言って、独自のやりたいことに進んだ人も居るから、それはそれでいいんじゃないかしら。




ここで一つ。
進学校に通わせた故に起こった不幸な出来事をオブラートに包んで書くわ。




お子さん本人がこれを将来やりたいからこの学校に行きたい!!って
自分の意志で決めるのってあの年齢では相当難しいと思うのよね。
「この学校に行ったら、いい大学行けるわよ」
とか、親が刷り込むのよね。



それはとても大事だと思うの。



何の目標もなく勉強をしているより、親の財産があるのだったら
塾に行ったりしていい学校に行くって、未来が広がるものね。





でもさ、例えば(私の毒実家もそうなのだけれど)兄弟が何人か居て
そのうち一人だけものすごく勉強が出来て
それと常に比べられる他の兄弟って本当に辛いと思うわよ。




ほら私みたいにバカで能天気で自我が強いと、そんなのどうでもいいや!!
って思えるけれど、
繊細な人には本当にきつかったと思うわ。




言いたいことは分かると思うけれど
そう言った事で数人、若いうちに亡くなったわ。





何でかなー!!!
勉強なんて出来ても出来なくても得意不得意なだけなのよ??
出来ないよりは出来たほうが面白いってだけよね??
大体私はスポーツが全くできなくて、毎回体育の時間逃げたかったけれども。
(高校時代は3年間生理で通して水泳の授業一回も出なかったわ)



それより人間的な魅力の方が本当に大事だと思うわ。
その人たちは本当に人間的に素敵な人たちで、ちっとも嫌な思い出も無いわ。
なのになぜ、受験に失敗したくらいで自ら命を落としたのかな。





進学校に通わせる親って、多分お子さんにものすごく過度の期待をすると思うの。
で、それにこたえようと真面目なお子さんは頑張るのよね。
私は全く持って不真面目だったので、何故そこまでその人たちが頑張るのか分からなかったけれど。
そうしないと、親からの愛情が得られなかったのかなって今は思うわ。





でもね、いい学校に行かせることが親の役目じゃないわよ。
親ってね、子供がまっすぐ楽しく笑顔でいる環境を何とか整える役割じゃないのかしら。
勉強は正直大事よ。
本当に大事。
そしてこうやって日本全国で全ての子供が勉強を出来る環境って、ものすごく素晴らしいわよ。




東大行ってアホなコンパして強姦するような子供に育てるより
そこら辺で一生懸命、車の修理をしている金髪の男の子の方がよっぽどカッコいいと思うわ。



子供ってねアクセサリーじゃなくて、生きている感情のある自分で考えられる一人の人間なのよ。




勉強がいくらできても
ご存知??



コミュニケーション能力が全くなくて、東大の博士課程を出ても就職先が無くて
コンビニの店員(コンビニの店員が悪いわけではないわよ!!)やっているひと
沢山いるわよ。
そういった人を救う組織までも確かあるわよ。
名前忘れちゃったわ。そこ関連のお仕事をしたこともあるのよ。私。ほほほ。色んなお仕事をしていてよ。



話をもどして、
そんなにお子さんに過度の期待をするのは本当に危険だと思うわ。
特に男の子。
大学に行って何をしたいのか?卒業してどこに就職したいのか??
東大行ったからって全員希望通りの就職先には行けないわよ。



もしね
「うちの子東大なんです!!」
っていう親のステータスが欲しいのだったらやめてほしいわ。





帰りたい家庭を作ることが
親の一番の役割だと思うわね。
兄弟同士で比べるなんて言語道断よ。








にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

私の実母(毒親)は




ものすごい健康オタクですのよ。




私が幼いころから、様々な健康法を取り入れて
いかに自分が長生きするかを研究している(たんに商法の受け売り)をしている人なのだけれど




もちろんお酒もタバコもやらないわ。
キヨーレオピンを毎日飲んで、にんにく食べて
お米は玄米。
朝はグラノーラに色んな粉をふりかけてヨーグルトと一緒にお召し上がりになっていましたわよ。
その他にも色々薦めてきたわね。
彼女は昔から自分が正義なので、自分が正しいと思った事は
一番言う事を聞きそうな(実は一番聞かない)私に言ってくるのよ。
タバコを吸ったら全員死ぬんですって。
嫌ぁねぇ、人間は生まれた時から死ぬって決まっているのに。
面白い事を言う母親だなって思って聞き流しているわよ




そんなに健康なのにお友達が全く居ないの。
人が嫌いなんですって。
私から見ると仲のいいお友達って思っていても、その人の悪口しか言わないわよ。
その悪口を言う才能が欲しいわ。




孫もそんなに好きじゃないわね。私に子供が出来た時におろせって言うような人だもの。
お子弐に会いに来たのなんて生後1年経ってからよ。
髪の生え方が気に食わなかったみたいで
「金正日」
って呼んでたわ。面白いわね。よく思いつくと思うわ。
そんなの健康なのに、孫の顔すら見たくなくて、自分の歯医者にせっせと通っていたわ。






そしてね、毒父が亡くなった後、故郷も毒父の実家も毒姉も行方不明兄も
誰も引き取らなかったから、
優しい私はこちらの地元に呼んだけれど




「あなたたちの為に、私は長生きするから」




って言われた時




いえ、結構です!!
本当にもう勘弁してください!!



としか思わなかったわ。




一体この人は何が楽しくて生きてきたのかしら。



お友達も居ない、家族からは見放されてる
そんな状態でも
どうしてもどうしても
「お金」と「健康」が欲しいわけはどうして??(お金の話はまた書くわね。不愉快な話よ。)




あなた何のためにそんなに健康が大事なの??
おこころの健康は大丈夫??




なのでオットに頼んで施設入所についても話したけれど
「集団行動は無理です」
って言いやがったわ。




零号さん大変ねぇと思うかもしれないけれども
わたくし
この人に関しては本当に




無関心。ですのよ。



頼まれたことはやるけれどもね。




この人何の為にこんなに健康にこだわるのかしら。
って幼いころから思っていたわ。
全く楽しそうに生活をしていなくて常に人と張り合って、そのくせお友達も居なくて。
毒母が家にお友達を呼んで楽しそうに話している事なんて見たことないわ。






何のためにそんなに健康でいたいのかしら。





生きている間中、不幸な顔をして周りの他人を不幸にしている癖に
健康で長生きをしたいと。




周りが不幸になるからやめて頂戴!!





本当に不思議。
何が楽しくて生きているのかしら。
孫の面倒をみるのも嫌、同い年くらいの方たちとお話をするのも嫌。
集団生活も嫌だし、他人と関わるのも嫌。
でも他人の悪口は言いたいから、電話をしまくってくる(着信拒否にしたわよ。)。
そうなると寂しくなるから、孫に電話をして
今日行った歯医者さんの悪口を言う。





そうか!!悪口を言う為に健康でいたいのか!!!
なるほど!!書いていてスッキリしたわ!!!!!





クソみてぇ。



お母さんから一言30



としか思わないわね。



無邪気に子どもを頼って、自分のやりたいことしかやらなくて
っていう人じゃないのよね~。
(お義母さんはどちらかというとそのタイプ。無邪気すぎて本当に困る。)





毒母には、同居させてって言われたけれど
即答で断ったわ。



「無理」




あの人どうするのかしら。
自分の旦那(つまり私の父)の本家の墓に入ることも夫婦ともに拒否されて
子供にも拒否されて生きてて楽しいのかしら。



ま!関係ないけれどもね!
葬式だけは出さないといけないから面倒くさいわ。



これだけ読むと相当嫌な娘って思うかもしれないわね。




ふふふふふふふ。
もしご実家問題で悩んでいる方がいらしたら、
これくらい吹っ切れて考えられると楽かもしれないわ。
でもその前に散々、やられているのよね皆様。
お気持ち分かるわ。




電話とか着信拒否にしちゃうといいわよ。
うちなんて、そうすると自宅に押しかけてきてピンポン攻撃とか、ベランダのドアをガンガン叩くとかドアをガチャガチャするとかやりやがるわよ。
それを不審に思った近所の通りがかりのおばさんに怒られてたわよ。



もう本当に体は健康!!!!



ま、そこまでして私に会ったところで言うのは他人の悪口。
すごいわーあの人。
他人と全く関わっていないくせに、どこからその悪口のネタを考え付くのかしら。
ある意味頭がいいのかしら?



でもね、オットやお友達の話を聞いていると
悪口を言ったり悪態をついている人って長生きするみたいよ。



面倒くせぇ~!!!







にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ちょっと辛辣な言葉を吐くわよ。
書いてみたかったことの一つなのよ。
ネットには沢山こういった記事があると思うわ。



そして今日は強烈に長いわよ。ご覚悟あそばせ。
最後まで読むのは面倒だと思うけれど、読んでいただけると嬉しいわ。



近年マウンティングと言う言葉が出てきたけれど、当時知らなかった私は
オットに聞いたら


プロレスで言うマウンティングポジションを取られて
オットにイライラしたわ!!
お前!!重いんだよ!!!!!



その体勢が知りたかったのではない!!




と言うわけで、今日はマウンティングについて書いてみようと思うわ。


そうね。。。。。。。。。



バカがすることだと思うわね。





そこで何故人がマウンティングをしたいのか、考えてみたわ。
自己肯定感が低い人が、人を妬むのではないかしら?
大体、自己肯定感が高い人って、他人の事大して気にしないわよね?
他人が何を持っていようが、他人がどこに行こうが、全く気にならないわよね?
だって自分が一番ですもの。
と言うのは、私は恐らくものすごくマウンティングする毒姉と毒母に囲まれて育ったので
そういう人を見ると



「バカだな。」




と思うのよね。
あ、ちなみにマウンティングする人ってDVをする男の人と一緒で
すごく優しい時期とか普通の時期もあるのでそこら辺でだまされないようにね。
年がら年中、マウンティングしまくってる体力は彼女たちにもないみたいよ。





ほほほほ、やるなら一日中一生おやりなさいませ。クソが!!




でもね、因果応報って本当だって思うのよね。
自分がやってきた事って全部自分に返ってくると思うわ。



そうねぇ、私が誰かをマウンティング。。。
している時があるとしたら多分私は気が付いていないのでしょうね。
でもね、私、誰も羨ましくないのよ。




これに関しては私の言い方がとっても悪いとは思うわ。



例えばね、実家のお母さんがが好きっていうのはとっても羨ましいの。
どんな育て方をされたら実家のお母さんが好きって言えるのかしら、って本当に思うから。
実家に帰る話、実家でお子さんを産んだ話とかを聞くと
あー羨ましいなぁっていうのと同時に、


それって普通じゃね??


って思う自分が居るのよ。
何で私は自分が身ごもった子供を親に喜んでもらえなかったのだろうって思うわね。
だって私だったら自分の子供が身ごもったら(ただし結婚後、そこら辺は古いのよ!私の考え方は!!)、嬉しいって思うけれどな。
皆、自分の実家に喜んでもらえて羨ましいなっては思ったわね。





ちなみにうちの毒家族は喜ばないわけじゃないわよ。
お祝いの言葉というよりは、虚栄心の塊のお金と物をくれたわ。
(毒姉は「いくらもらったんだ!!おまえはいくらもらった??」って散々聞いてきたわ。面白いわね。毒両親からは「これくらい包まないと相手のご家族に勝てないから」って言われて出産祝いもらったけれど。)
それはそれでとても助かったけれど、でも会いに来るとかお世話をしたいとか、私を助けるという事は全くなかったわね。えぇ、全く。
一度だけ毒母が手伝いに来た時に、毒姉から毒母に電話がかかってきて
「何やってんのよ!早く帰りなさいよ!!」って。
もう二度とこの家族に何かを頼ろうとは思わないようにしようって思ったわ。
むしろお義母さんの方が頻繁に来て(遠いのに!!)、本当に困ったけれど
何とか助けようってしてくれていたのは今は分かるわ。
その時、むげにしてごめんなさいねお義母さん。




話が逸れたわね。




だからって私、
実家のお母さんが大好きな人の事を妬ましいとは思わないのよね。
そのお母さんていう価値が分からないのよ。
一体、私にとっての母親と言うのは何なのだろう、としか思わないわね。
もし、私が生まれ変わることがあったら、一緒に楽しく話が出来てお料理を作って、笑っていられる家族と暮らしたいわね。
でもその夢は今、自分がオットと作っている家庭で叶えられているからとても幸せよ。




お姑さんが嫌いな人を哀れとも思わないわよ。
「私のお姑さんはすごいし~」とかも思わないわね。
人間関係には色んなすれ違いや価値観の違いがあるから、
「大変ね。。。話聞くよ。。。」
としか思わないわ。



恐らくなんだけれど、毒母と毒姉を引き合いに出すのも何なのだけれど、
毒母は「あいつ(姉の事)お父さんの事取りやがって!!私より優位に立とうとしている!」
って言ってたし
毒姉は「お父さんは私の事が一番好きよ」
って言ってたから、家族内でマウンティングしあっていたんでしょうね。
毒父を取り合って。



これは私の実家(もうないけれどね)のマウンティング事情だけれど
普通の社会にも当てはまると思うのよ。


俺の方がすごい!
私の方がすごい!!
って。男女関係ないわよ。


大体、すごいって何???


お金??持っているもの??学歴??



ノンノン。そんなの自慢する事でも何でもないと思うわ。



ようするにね、自分の自己肯定感が無いから
物で固めているだけよ。
くだらねぇって思うわ。



と言うのはー、これも私の話になってしまうのだけれど
昔、ブランドのバイヤー(中古のブランド品を買い取る職業ね)をしていたのだけれど
当時は「今季」って言う言葉とか、「オートクチュール」とかがとても流行ってたのよ。
全身、今季のブランド品。総額ウン十万。
最初はそれがカッコいい!!って思っていたのだけれど
だんだんね
「だから何?あんたクソつまんないじゃん??」
って思ったのよね。


はだかのあなたになった時に、あなたは何があなた自身をご自慢できるの??



あなた、お洋服脱いだら全くかっこよくない。
(別に全裸になれと言っているわけじゃないわよ。)
持っているものの価値はあるかもしれないけれど、あなた自身に価値なんてこれっぽっちも感じないわ。って思ったのよね。
お話をしていても面白くない、愚痴と他人の悪口ばっかり。




だんだんお洋服業界に嫌気がさして、やめたわ。(それだけが理由ではなくて、私のダメなところもたくさんあったけれど。)
もちろんそうじゃない人もたくさんいたわよ!そんな人ばっかりじゃないけれど



いい物質を持っているから自分は偉いって思ってたら
それは大きな勘違いよ。



なので、何故その人たちがマウンティングをして来るかと言うとね?
妬ましくて仕方ないの。
貧乏でも幸せそうな家族とか、頑張っているシングルマザーとかが。



自己肯定感が全くないから物質で満足しようとして頑張っているのよ。可哀想ね。
可哀想な人たちよ。


何にも頑張れないで、物だけ増やしていって
自分の持っていないものを持っている人が妬ましくてうらやましくて
それより凄いアピールをして来るのよ。


バカだなぁ。友達居なくなるぞ?
50歳になった時。


って思うわね。


ただね、こういったマウンティングをする人たちって固まってくるから
その輪に入らなければいいとは思うわ。
インスタがいい例よね。ヒマだなぁって思うわ。
若い時は仕方ないと思うわ。
そりゃ他の人より目立ちたいとか可愛くなっていい男ゲット!!とかはあると思うわね。




私、幼い頃に自分の感情の中で封印したのは
「妬み、嫉妬」ね(もしかしたら封印できるくらいだから元々持っていなかったのかもしれないわね)。
これ、あっても仕方ないもの。
自分は自分、自分の居心地のいい空間を自分で作らなければね。


なので結論としては、自分の方が偉い自慢してくる人は
バカ
ヒマ
嫉妬深い

だと、私は思うわ。



その人がものすごく危険人物じゃない限り

「だから?あなた、それでお幸せ??」

って聞いてあげるといいと思うわ。


これ、私、自分の毒母と毒姉に聞いたことがあるのだけれど
ふたりとも
「YES」
とは言わなかったわよ。ものすごく言い訳してきて自分がいかにすごいか話してきたわ。





お子達に被害を及ぼすような人たちには聞かないけれど、聞いてみたいわね。
毎年ハワイ行って、でかいおうち住んでるの自慢してくるけれど、お幸せ?
お子壱の通っている公立中学をバカにしてきてお幸せ?
人のうちにあるものバカにしてきてお幸せ??
あーどんなにそんな事言われても、私ね、ちっともあなたたちの事羨ましくないのです。
残念でした!!
(お子達の関係があるから仕方なく付き合ってやってるだけで、
その関係がなくなったらそっこう連絡先消すわよ!!)



お母さんから一言36




やっぱり私が美しすぎるから皆、妬むのかしら。。。
(どこからくるその自己肯定感)




オットなんて自分が太ってる自慢してくるけれど、理由を聞いたら
「いじってもらえるから!!」
そんなの自慢にならん!!やせてください!!



明日はパックについてでも書くわ♪






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

うちの毒家族は兄を除いて、気に食わないことがあると怒鳴り散らす家族だったわ。


普段はものすごく外面の良い、はたから見ると幸せそうな家族だったれど。



毒母が悪かったのかしら?でも色んな要因があってそうなったんでしょうね。



もし、もしもよ?
ある程度の年齢(そうね、26歳以上)で、相手に伝わらないような怒鳴り声をあげる人がいたら


その人とは離れたほうがいいと思うわ。


親でも何でも。
何でって



訳の分からないことで怒鳴られて、育つ人なんていないからよ。



もしご自分が怒鳴る癖があると自覚していらっしゃる方がいたら、直した方がいいと思うわ。
怒鳴るっていうのはね、大声を上げるって事だけじゃなくて、感情的な物言いをする人っていう事よ。
LINEでもなんでも、感情的な物言いをいきなりする人とは離れたほうがいいと思うのが、45歳の私の結論よ。



パチ屋で働いていた時、異動で来た店長がすごかったわー。
あたりかまわず、気に食わないことがあると部下に当たり散らすの。
その前の店長さんがものすごく素晴らしい統率能力を持っていた方だったから、新しい店長が来た時は衝撃を受けたわ。


こんな人でも店長になれるのか!!って。


私、毒母と毒姉から家の中ではものすごい勢いで大声で怒鳴られたり叩かれたりしていたから
大きな音とか大声とかとても怖いのよね。これはトラウマだと思うわ。
気に食わないことがあると自分の機嫌がいかに悪いかを、掃除機の音で示す!みたいな。
バンバン掃除機で叩くのよ床とか。壁とか。




多分ね、そういう事でしか自分を表現できないっていうのは


バカなんだと思うわ!!!




てなわけで、怒鳴ったり叩いたり感情的な物言いをする人、ご自分で気が付いていたらすぐに直した方がいいわね。
でも、そんな人って自分がやっている事を客観的に見ることは出来ないのでしょうね。
何故って




バカだから!!!!


お母さんから一言30




うう。馬鹿って可哀想。。。
その当て字は良くないと思うわ。ウマとシカに謝れ。
そうね
「莫迦」、だと「おろかなこと」らしいわ。



ふふふ。自分の感情をコントロールできない人の事は「莫迦」と呼ばせていただくわ!!



お勉強が出来ないとかそういったことに関しては特になんとも思わないわ。
人間得意不得意があるだろうし、お勉強が出来たところでだから何なの?って思うわね。
感情のコントロールが出来ない人を、心底「莫迦」だと思うわ。
でもこんな素敵な漢字をあてるのも、もったいないわね。





自分の機嫌くらい自分でとれ!バーカ!!!




あら昼間から毒吐いちゃった!!








にほんブログ村 にほんブログ村へ


※昔どうしても自分の感情がコントロールできない女性がいて、それやめた方がいいよ?って言ったら
「女王蜂みたいでカッコいいでしょ?」
って言われたので、多分、バカは一生なおらないのかもしれません。
押さえきれないんですって、自分の感情を。
今は治っているといいなぁ。彼女も私と同い年くらいだから、もしまだその性格だったらくろうしてるんでしょうね。

↑このページのトップヘ