カテゴリ: 趣味


骨董が好きなのだけれど、全然詳しくないただの古いもの好きよ。

青い器が好きで使っているのだけれど。普段使いしているわよ。古い物も。

色がそれほどなかった昔は、


赤い色の器って本当に美しく目に映ったのでしょうね、と思うわ。


image1(65)



現代のお醤油さしと、昭和初期のちいちゃな陶器のお重と、江戸時代のそば猪口が
なにやら話し合っておる。。。。。。。。






可愛い♡






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

インテリア雑誌を読むのが大好きよ!


料理本と同様、世界のインテリア雑誌。あの、全く参考にならないやつ。
日本のインテリア雑誌は、主婦向けだと、ほぼ


カフェ風


なのよね。カフェ自体に興味ないしな~と思って、この間世界の富豪の豪邸特集を読んだわ。
正確に言えば


(英語は読むのが面倒くさいので)写真だけ見たわ。


すごかったわよ。いや、ビバリーヒルズ白書とかそんなのじゃなくて。
プールとかは当たり前で、ゴルフ場とかそんなのも特に驚かないけれど(外国だしね!)
美術館かよ!っていうようなインテリアから、お城みたいな豪邸まで様々なお家を紹介していたわ。
ヘリポートも当たり前ね。
家の中にマックがあっても驚かないわ(それはなかったけれど)。





でも




寝室の天井が水族館なのには驚いたわよ。
なんか、熱帯魚みたいのが泳いでるのよ。
そんなのホテルとかでも聞いたことが無いわよ。
伊東のハトヤの海底温泉風呂みたいに、実際入ってみると、「あぁ。。こういう事か」っていうような作りじゃなくて
海の底にベッドがある感じ。
写メっておけばよかったわ。

manga_20121020185031


いやー、金持ちってすごいなぁ!
毎晩そこで寝るのかしら。
というかお手入れが大変よねぇ。



と、思っただけのご報告でしたことよ。
もし、ものすごい規模のお金持ちになっても水槽の下では寝たくないわ~。





マイケルジャクソンはキリン飼ってたって言うしねぇ。
金持ちは分からないわ。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

自分の中でブームってないかしら。


私はマイブームがありすぎて、そのブームが過ぎ去るたびに
何故、何故、そんな事にお金を使ってしまったのだ、と後悔をするのだけれど。


でも大抵、そのブームは繰り返すわね。
カテゴリに分かれてるのよ。
洋服(洋服の中でもマイブームあり)→化粧→インテリア(インテリアの中でもマイブームあり)→工作手芸など
特にコレ!だけは譲れずに好き、と言うものはあまりなくて(タバコくらいかしらね)
その時々のブームに乗って好きな物を集めているわよ。


一生モノの趣味です、とかあったら良いのだけれど
何を見ても面白そうでほぼに手を出すわね。


唯一、外に出る趣味だけは全く興味が無いというか、無縁だわ。
キャンプとか登山とかスポーツとか旅行とかBBQとか。誘われて断れない状況であれば仕方なく行くけれど、なるべくなるべく避けて通ってるわよ。



なので、ご趣味は?と聞かれると本当に困ってしまう。
一応、色々あるんだけれど、どれを言っていいのか分からないのよね。
しかも趣味はほぼ独学でこなしているので(貧乏だから)、人に教えられるほど出来るわけでもないし。
まぁ、趣味なんて自己満足だからそんなのどうでもいいわね。



で、また新たな波がやってきたわ。


骨董よ。


骨董っていうと聞こえがいいわね。単なる古いものが好きよ。それもかなり偏っているけれど。


image1(64)



元々、骨董は好きで、毒実家からも盗んで持ってきたりしていたのだけれど
最近はヤフオクを見るのが楽しくて仕方ないのよ。
次に買う本は必ず、日本の器の歴史、とかの専門書にするわ!


そりゃ、いい物は本当に高いけれど、別にいい物が欲しいわけじゃないし
ブランド物にこだわるわけでもなく、普通に自分が好きな物を探している感じよ。
なので、
「これ可愛い!!」
って思ったものが5万円だったりすると
「ふふ。私は目利きね!」って自己満足するわ。もちろん買えないわよ。


だってねお聞きになって、上の写真の真ん中の江戸時代後期の丸い陶器のお重。
本当は4段なのだけれど、うちの1段が割れてしまったからって言う理由で


せんえんよ。


千円。


別に安いからどう、ってわけではないけれど、こんなかわいい雰囲気のある器
現代の商品で探したら結構なお値段がするわよ。


かといって狭い我が家、置くところもないしそんなに買えないけれど
でも、古い物ってとってもロマンを感じるわ。


そして二つ目のお重を探して購入したらね、何と。。。。割れてしまっていたのよ。。。。
輸送中の事なのでしょうけれど、仕方ないけれど、そこら辺は怒ったところで元に戻るわけじゃないし
しかるべき手続きで保障をしてもらったけれど。


古い陶器が割れてしまって。。どーしよって思ってたら
そうよ!!!


金継(きんつぎ)をしたらいいのよ!


これはね、割れた食器を漆でくっつけて更にそこに金を流し込むっていう、昔から伝わる技法なのだけれど。
金継なんてめっちゃハードル高いし技術も相当いりそうだし道具もいりそうだし、物入りだわ~って思ってたら、そう思っている人は沢山いるようで
なんちゃって金継の仕方を教えてくれているブログを見つけたので
その通りにやってみようと思います!



骨董から金継に興味が湧く、そう!波に乗ってきた感じよ。



ほほほほほ。



やり始めたら写真をアップするわ~。(適当)






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

高級な物セレブ富裕層、それらが詰まったのが伊勢丹よ!!



と勝手に思っている45歳よ。
いや、実際のところ最近はめっきり行かないから分からないわね。
若い時は行ったけれども、特に欲しい物もなかったし(着ている服のブランドが全く違う方向でしたの。私はラフォーレ、パルコが御用達でしたわよ)
おばさんの行くところって勝手に思っていたわ。



おかしい、まごうことなきおばさんになったのに、伊勢丹に縁が無いわ!!
と、思っていたら、Yahoo!の広告で「伊勢丹のお取り寄せお試し4700円相当が1980円」というのがあったので、全く縁がないのにも関わらず、お取り寄せしてみたわよ。






これよ。
とても丁寧な配送やお知らせメールが来て、本品が届いたわ。
写真を撮ろうと思ったのだけれど、そんな事すっかり忘れて中身を取り出したわ。


詳しくは上の所をクリックすれば、私が書くなんかよりよっぽど分かりやすく説明してあるわよ。



全体的にちょっと高級で手に入りにくい物なのかしら。
一番美味しかったのは
「梅の実ひじき」よ!これは本当にびっくりするほど美味しかったわ!
今まで食べたふりかけの中では錦松梅より美味しかった。まだ食べたことのない方、是非、自信をもっておススメできるわ。
後はね、そうねぇ、氷室豚確かに美味しいけれど普段から食べたいかって言われたら私はカナダ産の三元豚で十分満足しちゃう貧乏舌よ。
トマトが入っていたけれど、近所のおじさんの畑で採れたトマトの方が美味しかったわ。


そして、一番、注目したのがこれよ!


image1(59)
「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」というドイツのお菓子屋さんらしいわ。



バームクーヘンじゃなくて「バウムクーヘン」。
結構厳しい審査を経た限定された材料(確かベーキングパウダーは使わない、油脂はバターのみ、とかそんな感じ)で作られた由緒正しい「バウムクーヘン」。




そこで!伊勢丹さまに入っていてそんなに高名ならば、是非、食べ比べをしてみようじゃないか!
と思いましたの。
無印のバームクーヘンと。



で、それだけじゃ面白くないので、どっちが無印でどっちがこの「バウムクーヘン」か当ててみようと試みましたのよ。えぇ、お子達と。



見た目も似たような色だし、同じくらいの大きさに切って
お子達にお出ししたわ。
結果
「美味しいのはこっち!」

と指さしたのは




無印のバームクーヘンでしたことよ。



「高そうなのはこっち。でも、別にバターの味しないし。周りのお砂糖が美味しかったけど」


ですってさ!



「この感動!伊勢丹でしか味わえません!」
って書いてあったので、どんなにか美味しいものなのか本当にわくわくして食べたのだけれど。
なんていうのかしら、これを近所の人が「焼いたの~」って持ってきたら、ものすごく美味しく感じると思うのだけれど
わざわざ伊勢丹で買って食べるほど美味しいかなぁ。。。。と、思ってしまいましたわ。
だって20センチくらいのバウムクーヘンが2160円よ??
なら治一郎のバームクーヘン買って、もりもり食べた方がよっぽど満足する。。。おっと!悪口になってしまったわね??


ようするに高級なものがあまり口に合わない貧乏人の口だったったのが立証できたっていうご報告ですわよ!



多分ね、本当に貴重な材料で丁寧に作っているものだとは思うの。
だからその分、なんていうのか「まじ家庭の味」っていう、ひねりも何にもない味というか。
不味いわけでは全く無いわよ。




と、思ってそこのお店のレビュー見たら
「今まで食べた中で一番おいしい」とか「バターの風味がたまらない」とか書いてあったわ。



やっぱり我が家はバカ舌確定ね~。
高級なものが分からないわ~。




(梅の実ひじきは美味しかったわよ!!)











にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

奥にあるものは使わない、見えないものはないと思ってしまう怠け者は
普段使うものは全部見えるところ、手に届くところに置いているわ!


食器棚を使わないのは、圧迫感があるのと背の低い私は高い所にあるものは手が届かないからよ。


image1(58)


もちろん、お正月用とかお菓子作りに必要なものは他に片づけてあるけれど
普段使う食器はこれくらい。
大体片づけるのが面倒くさいし、なるたけ少な目ですごしているわよ~




とても素敵な食器との出会いがあった時は「何かを捨てないと」収納できないので
かなり慎重に選ぶわ。



てなわけで、とても見晴らしが良い我がキッチン。




何となく、いつかもう少し大きな家に引っ越さねばとは思っているのだけれど
大きな家に引っ越したら、何を置いていいのか分からないくらい物がないかもしれないわ。。
今のまま3LDKとかに引っ越したら、部屋を何に使っていいか分からないわ。。。。。。。。。
後、インテリアを考えるのが面倒くさいのよ。。。でも、引っ越しをしなければ。。。




その前に働こう!!!!




ほほほほほほほほほほほほほほほ。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ