小泉進次郎さんが育休取るとかいってるわね~


ニュースの特集なんかでも男性の育休について特集なんかしてたりして。


それを見たオットが
「いいね、いい傾向だね」
と世の風潮の上っ面な感想を言い放ったので、ついつい言ってしまいました。


「すごく迷惑」


いや、滝川クリステルだったら他のサポートもあるでしょうから、小泉進次郎は単に育休をとって父親気分を楽しめばいいだけでしょうね。
オムツを何回かかえたりしたらそりゃーもう、得意げに記者に向かって言うでしょう。
「オムツ替えたんですよとか。」
他の家事については一切しなくても。



私にとってみれば、本当にいい迷惑よ。
ワンオペ育児をしてきた私は、一日オットがお休みだと嬉しいどころか


手間が二倍。


ご飯も作らなければならない、お片付けも二倍、気を遣うのも二倍。
気も何も使わなければいいのでしょうけれどそうもいかないし。
かといって、育児初心者のオットにお世話を教え込むのは、赤ちゃんのお世話だけで手一杯の私には無理だったわ。
気を利かせて自ら何かをやるタイプのオットではないのよ。
「泣いてるよ」
くらい?


わかってるっつーの!!!!!!


お母さんから一言16



と言うわけで、ではどうして欲しいかと言うと、早く帰ってきて欲しいわね。
帰りにお買い物とかしてきて欲しいし、ゆっくり一人でお風呂に入りたかったわ。



でも、オットはその時はそんな事わからないのよね。
生後半年くらいかな?やっと一人で外に出た時嬉しかったなぁ。って思い出すわ。
(すぐに「泣き止まない」って電話がかかって来たけれど)




特に、それについて怒ってるとかそういう事は全く無いわよ?
ただ、もし私が逆の立場だったとしたら(男だったらって事ね)、赤ちゃんを産む痛みも辛さも妊娠中の事も隣に居て理解しているようで理解できなくて、手伝いたいけれど何をしていいのか分からなくて
いきなり育休なんてもらっても何をしていいか分からないと思うわ。



なので、奥さんが子供産むから育休っていう安易な考え方より
子供のころから「出産・育児」について教育をした方が良いと思ったわ。
そうしたら、何故、旦那さんが休んだ方がいいのか、何をしたら奥さんが楽になるのか、とか少しは知識としてあるでしょうから。
両親学級なんて2時間くらいで終わるもので「父親としての当事者意識」なんて
出ないわよ。
むしろ、そんなんで出る方が怖いわ。



オットによると会社によっては「育休中にこれをやったカード」みたいなスタンプカードを出している会社もあるそうよ。


そうじゃないんだけどな。



と切に思ったわ。


そして、その事をハッキリとオットに伝えたら何だか複雑そうな顔をしていたわ。


「迷惑。手間が二倍」


育休をもし取る予定の方がいらしたら、是非ともこれだけは守って欲しい事。



昼寝なんかすんなよ。マジで蹴飛ばしたくなるからな。



以上、パパ育休とやらの「世間の波にのってみた」(セブンPay的な)ら何となく失敗したなんてアホな制度になりませんように。


そして小泉進次郎が「赤ちゃんて可愛いですね!育休とって良かったです」とか言おうものなら
「そりゃそうだろ、お前は可愛がるだけで世話は様々は人がやってくれてんだからな」っていう突っ込みをしたくなるような事を言いませんように。
「赤ちゃんを育てるという事は本当に本当に大変で、中々当事者意識が出ませんでしたが頑張ります」くらいでよろしく!









にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村