これは私が学生時代の話よ。
あまり気持ちの良い話ではないと思われる方がいらしたら先に謝っておくわ。
本当にごめんなさいね。
タイトル通りの話なので、もしお読みになりたくなければ飛ばしていただいて大丈夫よ。



私の通っていた大学では一般教養で適当に何かの授業を取らなくてはならなくて
私はそれこそ適当に「心理学」「法学」を取ったわ。
心理学は芸術に特化した授業内容だったのでとても楽しかったのだけれど
「法学」
に関しては、ものすごいおじいちゃん先生で、何言ってるのかさっぱりわからなかったわ。
数学以上に分からなかった。

そこで
「刑罰」についての授業があったのよね。真面目に聞いていれば本当に面白い内容だったろうに
その授業については「聞いてなかった」と言う事しか覚えていないわ。




その授業の後、刑罰についてお友達と話していたのよ。
大した話じゃないわよ。刑務所なんて絶対に行きたくないわよねとかその程度の話だったのだけれど。
突然、彼女は言ったわ。



「最悪の処刑を思いついた。」



恐ろしい事を言う人ね。
処刑と言えば恐ろしい事しか思いつかないけれど、どちらにしても楽しい話ではないわよね。



以下は彼女の思い付きの処刑よ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

死刑が決まった人が収容されている部屋には、必要最低限の自由しかないの。
死刑囚は、手足を動かせない状態で椅子に座り、食事は三食全てチョコボールピーナツ。
どうやって食べるかと言うと、
食事時間になると部屋の小窓が空いて、長いストローが死刑囚の口元まで延ばされ
一粒ずつノルマが終わるまで絶対に食べなければいけない。
三食全てチョコボールピーナツ。

もちろん、運動などをしなければならないので、時間になると運動することは出来るけれど
毎日毎日、死ぬまでチョコボールピーナツを食べ続けるの。


そして、死刑囚もいつ自分の処刑の日が来るか分からないまま過ごしている日々。
ある日、突然その日はやってきたわ。
いつも通りの食事の時間。
ストローを通じて流れてきたのは


「チョコボールキャラメル」


数十年間、チョコボールピーナツしか食べられなかったその人は、
チョコボールキャラメルをいきなり食べさせられたらどうなると思う??



心臓発作よ!!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これが彼女の思いついた最悪の処刑方法よ。


何て言っていいかわからないわね?芸術系のお嬢さま方ってのは頭のネジの外れた方が多かったわね。


お母さんから一言34
ただ、真面目な話をすると死刑と言うものに関しては私はまだ確固たる自分の意見を持っていないわ。
なので、処刑や刑罰自体に意見も何もないのだけれど
アムネスティの活動家の友人は、署名を集めたりファックスを機関に送ったりしていたわね。
誘われたけれど、参加はしなかったわ。




死刑にたいしてふざけている!って考える方がいらっしゃったらごめんなさいね。
学生時代ってほんと、どの話題に対してもこの程度の話しかしなかったような気がするわ。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村